あだち充の最高傑作と言えば?